スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月22日 サービス産業 

みなさん、こんにちは。

昨日は、青森の党員の皆様との非常に有意義な会合を持たせていただきました。
みなさま、本当に青森を愛し、そして日本の未来を築くために、積極的に政治活動を行っていきたいという熱意を実感し、幸福維新は北東北から起きるのではないだろうかと予感しました。

さて、日本のサービスは、世界第何位だと思いますか?

正式なサービス産業の順位の発表があるのかどうかは存じません。しかし、私は、間違いなく日本は第一位であると確信しています。前にも書きましたが、世界中を回ってきた私としては、ホテルのサービス、安全性と時間に正確な交通機関、極め細やかで素晴らしいサービスです。

日本や世界のホテルを利用してきて、是非、泊まってみたいホテル・旅館があります。

それは、『加賀屋』です。プロが選ぶ日本一のホテル・旅館に20年以上一位に選ばれているホテルです。

『加賀屋の流儀』という本を読んで、その秘密の一端がわかりました。加賀屋の仲居さんが、「私たちは、問題解決業だと思っている」と書いてありました。

仲居さんが、自分の仕事が「問題解決業」と思って仕事をしているのであれば、さぞや他とは違ったサービスを提供できるでしょう。

さて、政治家とは、どのような仕事なのでしょうか?

「問題解決業」、「未来開拓業」、「税金泥棒(悪代官)」

「権力者」? 「芸人」? 「パーフォーマー」? 「柔道家」?

政治家の仕事が、一体何であるのか? 政治家に一体何を求めるのか?

立派な政治家とは、どういう人なのか? みなさん、どのような基準で、政治家を選んでいますか?

サービス産業から、政治家へと話しが飛んでしまいましたが、素晴らしい政治家を育てていかなければ、日本の未来は暗いものとなり、世界一の技術を持った産業があっても、殺してしまうことになってしまいます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。