スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月25日 北海道5区 衆院選補選 立候補!! 

みなさん、こんにちは。

本日15:30より、北海道庁記者クラブにて、北海道5区衆院選補選において、森山よしのり(43歳)を公認候補として擁立することを決定したことを報告しました。

森山候補は、中央大学法学部を卒業し、新日鉄に2年半勤務した後、ソーシャルワーカーとして重度の心身障害者の方の支援や在日外国人の衛生環境の改善に尽力してきました。
その後、幸福の科学に奉職。新札幌支部長、札幌中央支部長などを歴任し、現在、札幌南支部長、及び、党北海道本部福代表をしております。

今回の北海道5区の補選に、党から立候補者を擁立する理由は、左翼教育とゆとり教育を推し進めた結果、学力を著しく低下させ、イジメなど、子供の社会を暗くさせ、日本の未来に大きなブレーキをかけた日教組と、その支持母体である民主党の是非を問うことと、あわせて、文部科学省の責任を問う「教育再生選挙」です。

私たちが子供の頃は、北海道と言えばクラーク博士の「ボーイズ ビー アンビシャス」(「少年よ、大志を抱け」)でした。

今、日教組や文部科学省の左翼教育の「自虐歴史観」が、若い子供たちの希望や夢を奪っています。

フウ子ちゃんやトウ子ちゃんのように、大志を持って、自分を信じて、未来を信じて、たくましく育っていく教育再生を実現すべく、幸福実現党の森山候補は闘ってまいります。

北海道の党員の皆様も、真っ赤に燃えております。

左翼教育国難選挙!!

心ある国民のみなさん。子供を愛するみなさん。今後ともご支援よろしくお願い申し上げます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。