スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月14日 中学生の意見『米軍基地問題』 

みなさん、こんにちは。

本日は、民主党の代表投票がなされていますが、尖閣列島の問題など、外交特に国防について、しっかりした対応を強く望みます。

本日は、娘がおこなっている通信講座のz会に載っていた、中学2年生の意見をご紹介いたします。

「僕は、日本にある米軍基地は国内に残しておき、問題になっている沖縄の普天間基地も、現在の方針通り辺野古へ移設するべきだと思います。

今、北朝鮮の核問題で日本はたいへんな危機にさらされています。もし北朝鮮が核を撃ち込むと言ったとしても、日本は憲法9条で戦争を放棄している以上、やられるまで何もすることができません。

核でやられてからでは、反撃をすう力などたぶんないでしょう。それを防ぐためにも、アメリカと協力して国防を固める必要があります。だからそのためにも、絶対アメリカ軍の基地は、日本に必要と思います。

アメリカ兵の犯罪や、戦闘機の騒音など、マイナス面も確かにありますが、僕たちの命を守るためにも米軍基地は必要です。また、辺野古に基地を置くことによって、アジア全体を見渡すことができ、北朝鮮以外の国からの攻撃も防ぐことができるのではないでしょうか。

以上の理由から僕は、米軍基地は残しておき、普天間基地については辺野古に移転させるのが最善策だと考えます。」

(福岡県・中2・男・GIANT)

どう思われましたでしょうか? 中学生でもしっかり考えていらっしゃいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。