スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年9月26日 

 本日のスポーツ新聞<日刊スポーツ>に、幸福実現党の特別代表である、ドクター中松氏の記事が写真つきで掲載されていましたので、ここでご紹介させて戴きます。なんと、ドクター中松氏は、鳩山首相に先駆けて、アメリカで始球式をしていたんですね。

 先日、ドクター中松氏にお会いしましたが、非常に素晴らしい方でした。いろいろ学ばせていただきました。ありがとうございました。

 以下、掲載された記事です:

日本人初の始球式
ドクター中松氏「派手に投げろ」   
首相にアドバイス

 発明家ドクター中松(81)が約9年前、鳩山首相が調整中の、米ピッツバーグでの大リーグ始球式に登板していていたことが分かった。中松氏によると、同地では「日本人初」だったという。中松氏は”先輩”の立場から「腕をぐるぐる回して投げたら、観衆からうけた。ピッツバーグの観衆は熱狂的で『見せる』アクションが好きだから、鳩山さんも派手な動きをして投げた方がいい」とアドバイスした。中松氏が登板したのが90年5月6日、ピッツバーグ・パイレーツの試合。現地で開かれた「世界発明コンテスト」のグランプリ獲得者で、かつ「フロッピーディスクの発明者」と紹介され、登場したという。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。