スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月22日 小沢一郎さんは共産主義者? 

みなさん、おはようございます。

今から、盛岡駅前で街宣にいってまいります。今日は、朝からスタートダッシュです。

さて、

小沢一郎さんは、田中角栄、そして金丸信の秘蔵っ子と言われていました。二人とも、5億円の贈与で逮捕されてしまいました。ロッキード事件と佐川急便の事件です。金丸信の金の延べ棒は鮮烈な印象を残しました。

この5億円の贈与と同様、両者の間には、共産国からの国賓待遇があります。
田中角栄は中国から、金丸信は北朝鮮からです。

特に、田中角栄は、毛沢東との間で、日中国交回復を行い、ソ連のブレジネフ書記長に「日ソ間に北方領土という未解決の問題が存在する」と認めさせました。

また、北朝鮮の金日成国家元首からは、このような評価をもらっています。
「日本人民の闘争が強まったために佐藤反動政府は追い出され、田中政府がこれにかわりました。これは日本人民の闘争の結果だといえます。われわれは日本人民の闘争を高く評価し、それを前面的に支持します。」

毛沢東から、「日本に革命を起こした同志」と認められ、毛沢東の死後も、国賓扱いとなりました。

このように、田中角栄、そして金丸信という、共産国の絶大の評価、いや同志とまで担がれた両名の遺功を、贈収賄と共産主義をしっかり受け継いだと見ると、よく彼の姿がわかります。

「彼は、二人の先人の遺志を受けて、買収で政治生命を終えた共産主義者だった。」このような記述が日本史に残って欲しくはありませんが・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。